具体的に何歳からはじめたらよいか

絶対音感は7歳までが肝心?その理由と学び方!

絶対音感があればどのようなメリットがあるのでしょうか。

絶対音感を身に着けるのは、幼児期の教育や訓練が肝心と聞きます。
一般的には3歳から6、7歳の間とも言われています。
それには理由があります。
耳の発育は3歳から7歳までの間に急成長してその後は停滞すると言われています。
この耳の発育期に絶対音感を取得することが必要となるのです。
幼児期はあらゆる知識を吸収する時期とも言われ、その意味では絶対音感を育てるにはある一定の年齢の限界があるのもうなずけます。
絶対音感とはちょっと聞いた音を楽譜におこせる、或いは音階で表わすことができる、その能力です。
電車のホームで聞く音や、サイレン音も音符として表現ができる能力と言ったらわかりやすいでしょうか。
親が子供の英才教育として絶対音感を身に着けさせたいと願うとしたら、そのまま音楽性に結び付けて考えているからではないでしょうか?
ソルフェージュという音楽の基礎訓練があります。
これは楽譜を読んでそれを音に変え、歌ったり、楽器で演奏したりする訓練ですが、音楽大学の入試やそのほか様々な音楽教室の検定試験などで実施されています。
全体音感があれば確かに楽勝と思えますね。
ですがそれは沢山の音楽才能の1つにすぎないとも言えます。
他のすべての能力にも言えますが、才能としたとき、必ずしも訓練で誰もが得ることができるというものでもないようです。
どの様な利点があり、どのような音楽的可能性に結びつくのか。これから子供教育の一つと考慮している方の一番きになるところでしょう。

絶対音感とはなんでしょうか?

絶対音感があれば音楽界で高い評価を得ることができ、将来は音楽家として活躍ができるのでしょうか? 音楽性と絶対音感は一致するものでしょうか? 多分そのように理解をしているので幼児教育が盛んになるのでしょうがはたしてその実態はどうのうようなものでしょう。

高い能力や訓練は音楽性に関係あるのでしょうか

絶対音感がある人が音楽性も高いと言えるのでしょうか? 逆に絶対音楽がない人は音楽家にはなれないのでしょうか? 著名な作曲家や歌手やピアニストはこの能力を皆そ備えているものなのでしょうか? 実は絶対音感を持っていてもその才能をどのように活躍させたらいいか持て余している現状もあるようです。

音楽性の定義

音楽とはいったい何だろうと原点にかえって考えてみるのも良いですね。 音楽の定義を「人間の環境に存在する音である」と定義しているものも「音は材料であり音の組み合わせで作り上げるメロディー」と定義しているものもあります。 絶対音感とは、その観点で考えてみるとわかりやすいかもしれません。